貧血について

貧血になると、身体の組織に十分な酸素が行き渡らなくなります。

岩出市内科、なんでも屋さんの塚本内科クリニックです。

『貧血』は血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンという物質が少なくなった状態です。ヘモグロビンは血液に乗って酸素を身体のすみずみまで運ぶ働きをしています。

ヘモグロビンの量が低下すると身体の組織に十分な酸素が行き渡らず、さまざまな不調があらわれるようになります。めまいや立ちくらみ、動機、息切れ、頭痛、眠気、倦怠感、等々です。

貧血は、赤血球のもとである『鉄分』の不足が原因のこともありますが、骨髄や腎臓の不調で赤血球、ヘモグロビンを作れない場合、また、生理や病気などの出血や溶血などで、赤血球、ヘモグロビンがなくなってしまう場合があります。

貧血を予防するために、日ごろからバランスのよい食事を心がけることは大切ですが、食事などで改善されない場合、身体のすみずみに酸素が行きわたっていない『酸欠状態』を長引せるのは身体にとってよくありません。

血液検査で貧血の値が気になる、最近めまいや立ちくらみ、動機などで身体がしんどい、などの症状がありましたら、どうぞお気軽にご相談くださいね。

潮風が気持ちいい~💗

塚本内科クリニック

〒649-6256 和歌山県岩出市金池392-1
阪和線(天王寺〜和歌山)「紀伊駅」 車8分
バスJR紀伊駅発着の粉河駅方面バス
   バス停「相谷らんかん橋」から徒歩5分

診療時間 / 午前 9:00(受付 / 8:30)- 12:00 午後 16:00(受付 / 15:30)- 19:00
休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

※ご予約なしでOKです。診療時間内にお越しください。

TEL. 0736-67-3377

関連記事

  1. インフルエンザ流行中

  2. 糖尿病について(パート2)

  3. 今年も花粉症の季節がやってきました。

  4. 高血圧について

  5. 熱中症について

  6. そろそろ花粉症の季節です。

PAGE TOP