糖尿病について

肥満があるとインスリンが効きにくくなり、血糖値が上がります。

岩出市内科、なんでも屋さんの塚本内科クリニックです。

最近、糖尿病の方の検査データが非常に悪くなっています。おそらく、コロナ禍でお家時間が増え、運動量が減る一方、食事の量は知らず知らずのうちに増えていることが原因だと思います。

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度を示す血糖値が異常に高くなる病気です。血糖値が高い状態が続くと、全身の血管がダメージを受け、目、腎臓、神経などが障害されたり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気が起こりやすくなったりします。

糖尿病の約9割を占める『2型糖尿病』の原因として、非常に重要なのが肥満です。肥満があると、過度に蓄積した脂肪は、インスリンの働きを妨げる物質を分泌するようになり、インスリンが効きにくくなり、血糖値が高くなってしまうのです。

日本人は欧米人に比べると、それほど目立つ肥満でなくても、糖尿病を発症しやすいといわれています。それは、日本人の膵臓が、肥満などに応じて余分にインスリンを分泌する力が弱いからではないかと考えられています。そのため、少し太っている程度の肥満でも糖尿病が発症する人が多いのです。

減量は、まず体重を3%減らすことを目標にします。3%程度減ると、多くの場合、血糖値が改善します。ただ、そうはいっても、なかなか難しいと思います。当クリニックでは、公立那賀病院の栄養指導を紹介させて頂いております。どうぞ、お気軽にご相談下さいね。

ボクは結石になりやすいから
色んなおやつ、食べれないんだよね💦

塚本内科クリニック

〒649-6256 和歌山県岩出市金池392-1
阪和線(天王寺〜和歌山)「紀伊駅」 車8分
バスJR紀伊駅発着の粉河駅方面バス
   バス停「相谷らんかん橋」から徒歩5分

診療時間 / 午前 9:00(受付 / 8:30)- 12:00 午後 16:00(受付 / 15:30)- 19:00
休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

※ご予約なしでOKです。診療時間内にお越しください。

TEL. 0736-67-3377

関連記事

  1. 熱中症について

  2. インフルエンザ流行中

  3. 花粉症について

  4. 熱中症について

  5. 院内処方

    ピロリ菌について

  6. 糖尿病について(パート2)

PAGE TOP