便秘について

たかが便秘と放っておかず、適切に対処しましょう。

岩出市内科、何でも屋さんの塚本内科クリニックです。

『便秘』は生活の質が著しく低下することもあります。日本では、重い便秘でも“病気”であるという認識が薄い傾向があるため、医療機関を受診せず市販の下剤を使って対処することが多くみられます。しかし、便秘が続くと、手術が必要なほど悪化したり、抑うつや不安など心の不調が現れたりすることがあります。

排便が週3回未満だったり、排便時に強くいきんだり、残便感があるなどの症状がある場合、便秘の可能性が疑われます。

便秘の背景に、大腸がんなどの病気がないか調べることも必要です。

便秘は誰にでも起こる可能性があり、病気や薬などの様々な要因が考えられますが、女性ホルモンや加齢の影響を受けるので、特に女性や高齢者が多いのが特徴です。50歳以下では女性に多く見られ、60歳を超えると、男女共に増え、80歳以上では男女差がなくなる傾向があります。

食事や排便習慣などの生活習慣も大きく関係しているため、まずは生活習慣を見直してみましょう。適度な運動、食事は1日3食、規則正しくとりましょう。食物繊維、ヨーグルト、納豆といった発酵食品を積極的にとることで腸内環境のバランスが整います。また、便秘の原因の一つは便が固くなってしまうことなので、こまめに水分補給を心がけましょう。それでも改善しない場合は、お気軽に受診してくださいね。

毛皮着てるから
これから暑くなるなぁ💦

塚本内科クリニック

〒649-6256 和歌山県岩出市金池392-1
阪和線(天王寺〜和歌山)「紀伊駅」 車8分
バスJR紀伊駅発着の粉河駅方面バス
   バス停「相谷らんかん橋」から徒歩5分

診療時間 / 午前 9:00(受付 / 8:30)- 12:00 午後 16:00(受付 / 15:30)- 19:00
休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

※ご予約なしでOKです。診療時間内にお越しください。

TEL. 0736-67-3377

関連記事

  1. 熱中症について

  2. 新型コロナウイルスについて

  3. 痛風について

  4. インフルエンザ流行中

  5. 糖尿病について(パート2)

  6. 気管支喘息について

PAGE TOP